スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大井川鐵道|井川線・アプトいちしろ駅~長島ダム駅

アプトいちしろ駅から、この井川線最大の見所でもあり、路線の愛称<南アルプスあぷとライン>にもなっている、アプト式ラックレールによる運行が行われている日本一の急勾配区間になります。レールの真ん中に黒い「アプト式ラックレール」と呼ばれる特殊な歯型のレールのようなものがあり、ここから連結される電気機関車には、床下に歯車を持ち、この車両とレールにより急勾配を上ってゆくことができるようになっています。今まで乗ってきた機関車に、新たにこの特殊な大きな電気機関車をくっつけます。この連結というイベントがこの路線の売りになっていて、停車時間が十分にあり写真を撮る事も出来ます。


ED90型電気機関車
ED90型電気機関車

連結を撮ろうとする人たち
連結を撮ろうとする人たち

アプトいちしろ駅周辺の景色
アプトいちしろ駅周辺の景色

機関車の連結が終わって出発すると、先頭の車両に乗っていれば明らかに角度があり登っているのが分かります。車内も明らかに斜めになり、景色も傾きます。なかなか日常の列車では味わえないケーブルカーみたいな雰囲気もします。それもそのはず、1000m上がるごとに90m上るらしく、90パーミルと表現されています。この勾配をどんどんと上がってゆくと長島ダム駅に到着し、そこでアプト区間が終了です。


アプトいちしろ駅から

急勾配

トンネル

長島ダム
長島ダム
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 大井川鉄道 井川線 大井川鐵道 アプト アプトいちしろ 長島ダム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。