スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かつお&黒はんぺん|静岡県焼津

今回は、焼津のかつおの紹介です。焼津には、日本有数の遠洋漁業基地として知られている港があります。まぐろやかつおの陸揚量全国1位にもなったことがある港で、清水港との違いは、まぐろ+かつおがあり、かつお料理が豊富なことのようです。そこで、焼津のかつおを中心とした魚料理を食べてきました。下の写真は、かつおのたたき、かつおのはらも焼です。これ以外にかつおのガワ料理などいろいろな調理法の料理があり、かつお特有の臭みもなく脂が乗っていて美味しかったです。


かつおのたたき
かつおのたたき

かつおのはらも焼
かつおのはらも焼

そしてもう一つ焼津で有名な名産品の黒はんぺんも食べてきました。黒はんぺんは、鯖や鰺、鰯などを原料とした灰色のはんぺんです。静岡特有のはんぺんで、静岡ではんぺんと言えば黒はんぺんを指すようです。そのまま食べたりわさび醤油や生姜醤油をつけて食べることが多いそうで、先日紹介した静岡おでんにも入っていることが多いようです。そんな黒はんぺんを今回はバター焼で食べてきました。 感想としては、はんぺんと言うものの、魚の皮や骨をすりつぶした感じが残っていて、カルシウムたっぷりな感じです。そのため若干、魚の風味が残っていて、生臭さを感じる人もいるかもしれません。はんぺんとつみれを足して2で割った感じでした。


黒はんぺんのバター焼
黒はんぺんのバター焼

行ったお店は、焼津駅近くの「黒潮」というお店です。まぐろとかつお料理が多数あり、さすが焼津と魚料理の居酒屋という感じのお店です。お花がきれいに飾られたお店でした。落ち着いて食べたいなら清水港の河岸の市よりもこういったお店のほうがお勧めです。焼津には焼津駅近辺以外にも東名のインター近くにの焼津さかなセンターや焼津漁港の食堂や漁港付近などにたくさんの魚料理店やお土産やがあります。


黒潮外観

黒潮の店内

まぐろのリブステーキ
まぐろのリブステーキ

その他のご当地グルメに関しては、食の彩発見で。

スポンサーサイト

テーマ : 旅と美味 - ジャンル : 旅行

タグ : ご当地グルメ 焼津 かつお 黒はんぺん 黒潮

コメント

美味しそう~♪

私は港町育ちなので、お肉よりお魚派です。でもさすが遠洋漁業地ですね、「もうカツオなの?」と一瞬思ってしまいました。
そんな私も九州で初めて「魚ロッケ」に会った時は、こういうのもアリだよね~と感心。しかも2枚入りで100円くらいと安いんです。
黒はんぺんのバター焼きもそれと同じで、そうかバターで!と思っちゃいました。

No title

焼津に行ったのは、去年の11月くらいなんですけど、更新ペースが遅いので未だに昨年のことを書いてます。
このペースだと静岡県を書き終えるのに1~2ヶ月かかりそうです。
訪れたお店は、いろいろなはんぺん料理を提供していて、正油焼、カレー焼、バター焼、フライという食べ方がありました。
正油だと普通なので、バターにしてみました。
魚ロッケって有名みたいですよね。是非食べに行ってみたいです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。