スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富良野線|富良野駅

静岡の話ばかりが最近続いていて、自分自身が少し飽きてきたので、今回は、地元の北海道の富良野線のことについて書きたいと思います。富良野線は、北海道の第二の都市-旭川と、ドラマ『北の国から』や、スキー場などで有名な富良野を結ぶ路線で全長54.8㎞あります。

富良野線は大きく分けると二つの区間に分かれていて、富良野~美瑛間は、『北の国から』の富良野や、ファーム富田などのラベンダー畑、美瑛の丘など、夏の北海道を代表する観光路線であり、美瑛~旭川間は、旭川への通勤・通学路線としての一面も持ち合わせています。この路線を人気観光列車のノロッコ号に乗って、富良野から乗車し、旭川へと旅をすることにしました。


くまげら(富良野の有名店)の和牛さしみ丼

新ご当地グルメの富良野オムカレー
新ご当地グルメの富良野オムカレー

とんとろ丼(富良野の駅弁)

根室本線の時にも多少書いた事があるのですが、まず富良野駅の様子です。決して大きな駅ではないのですが、今回行ったのがちょうどラベンダーのシーズンと重なったこともあり、多くの観光客を迎えるために、リゾート列車が停まっていました。そのため人も多数います。


富良野駅の外観
富良野駅の外観

クリスタルエクスプレス(リゾート列車)
クリスタルエクスプレス(リゾート列車)

ノースレインボーエクスプレス(リゾート列車)
ノースレインボーエクスプレス(リゾート列車)

リゾート列車から、私たちと同じ富良野線の旅をしようと、多くの人が富良野線の人気観光列車「ノロッコ号」に乗車していきます。ノロッコ号とは、のろいトロッコを意味する造られた言葉で、木の椅子や開けっ放しの窓があるトロッコのような車両と、北海道の大自然風景をゆっくり楽しむためにわざとゆっくり走るのが特徴で、この富良野線や、釧路湿原が有名な釧路~塘路間、流氷が有名な網走~知床斜里間などで運行されている北海道の人気車両です。


ノロッコ前面
ノロッコ前面

ノロッコ背面
ノロッコ背面

列車に書かれた絵

列車につけられていたプレート

ノロッコ車内
ノロッコ車内

この人気は、日本国内に留まらないようで、乗車してびっくりするのが韓国・台湾・中国人の人の多さです。多くの海外からの観光客が一緒に乗り込みました。団体客の半数以上は、外国人です。下の写真のように、海外でも北海道に観光客を誘致するためのPRが行われています。


台北駅前で見たラッピングバス
台北駅前で見たラッピングバス
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 富良野線 ノロッコ号 富良野 美瑛 ラベンダー

コメント

No title

はじめまして。
北海道 富良野いいですね~☆
トラックバックさせてもらいました。

また遊びきま~す☆

No title

コメント&トラバありがとうございます。
ブログ見させていただきます。

こちらにも、また遊びに来てください。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

富良野サーチ/走る/「走る」:最新情報

「富良野サーチ」では、あなたが入力したキーワード「走る」にキーワード「富良野」と「ふらの」または「furano」を掛け合わせて、インターネット上を検索しています。 「走る」:最新情報 「走る」関連商品を探す アマゾン 楽天市場 楽天ダウンロー...

富良野線|富良野駅

静岡の話ばかりが最近続いていて、自分自身が少し飽きてきたので、今回は、地元の北海道の富良野線のことについて書きたいと思います。富良...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。