スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡おでん|静岡県静岡

静岡おでんの特徴は、何といっても黒いスープであること、そして、はんぺんは静岡県独特の黒はんぺんを使用すること、すべての具に竹串を刺し、食べる前に「だし粉」と呼ばれるイワシやカツオの削り節・青海苔をかけて食べることなどがあります。分布としては、富士川から大井川の間という特徴があるようです。


静岡おでん(駄菓子屋)の店-水野商店の外観

今回は、しずてつ新静岡駅から歩いていけるお店に行ってきました。静岡おでんは、主に駄菓子屋系と居酒屋系の2つの業態があるようですが、今回は駄菓子屋系のお店に行きました。店内はもちろん駄菓子屋の雰囲気で、おでん用の大鍋がセットできるテーブルがあります。そこに座って、串に刺さった具を、自分で皿に自由に取りながら、削り節と青海苔をかけて食べます。具材により、1本60円と70円があり、値段により串の種類を変えているので、食べ終わった後の串で、料金を計算出来るシステムになっていました。


静岡おでんの大鍋

静岡おでん

おばあちゃんがやっている小さなお店で、近所のおばあちゃんたちも集まっていて、和やかな雰囲気でした。気さくに話しかけてくれて、いろいろなお話をしましたが、出汁について「濃口醤油を使っている事もあるけど、醤油とみりんを継ぎ足して使っているので、どんどん黒くなっていく。」と説明してくれました。


静岡おでんと上に掛ける削り節・青のり
テーブルの上のタッパーに、削り節・青のりが入っていました

おでんのだし汁は色がとても黒いので、濃い味なのかと想像していましたが、見た目と味は大きく違って、あっさりしていました。軟らかく煮込んである昆布や、静岡特有の黒はんぺんや、このお店独特の鳥皮などをいただきましたが、とても味がしみこんでいて、削り節と青海苔をかけるとさらに風味が広がり、とてもおいしかったです。

その他のご当地グルメに関しては、食の彩発見で。

スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

タグ : 静岡おでん 水野商店 黒はんぺん ご当地グルメ B級グルメ

コメント

美味しそうです!

すごい!すごい!おいしそー!!
これだけ煮込んであったら味がしみ込んで美味しいこと間違いないですね!
私は関西の薄味よりこういう色つやになったおでんが好きです。
先日ちょうど静岡県出身の方とのお話で、黒はんぺんの話題をしていたところでした。
黒はんぺん、まだ見たことがないです。
削り節と青のりをかけて食べる?
おいしいでしょうね~!

> orihimeさん
味はしっかりしみこんでましたよ。
でも、見た目ほどしょっぱくなくて、意外とあっさりした感じでした。
黒はんぺんは、おでんもおいしかったですが、焼津で食べたバター焼きが最高でした。
焼津でも、いろいろ食べてきたので、その内、写真つきで、記事書きますね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。