スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しずてつ|新静岡駅~新清水駅

前回は、静岡鉄道の新静岡駅を紹介しましたが、今日は、新静岡~新清水までの車窓を紹介したいと思います。

車窓を見ていてまず感じる事は、建物が途切れず、かなり街中を走る鉄道という印象でした。建物ばかりなので、あまりいい景色が広がっているわけではありませんが、地域に密着した感じがします。駅間もとても短く、車両も2両編成しかないので、ホームも短いです。静岡鉄道の長沼駅には、工場と車庫もありますが、これもまた小さいものです。


しずてつの小さな駅
小さな駅

小さな車庫と工場のある長沼駅
小さな車庫と工場のある長沼駅

そしてずっと車窓を見ていると、すれ違う車両がみんな同じということに気がつきました。帰ってから調べてみると、徹底した合理化を進め、独自の車両一形式1000系のみの車両しかないとのことでした。それでも午後の紅茶、コカコーラ、LuLuCaなど様々なラッピングをしてあるので、見ていても飽きのこない車体です。


午後の紅茶のラッピング車両
午後の紅茶のラッピング車両

コカコーラのラッピング車両
コカコーラのラッピング車両

LuLuCaのラッピング車両
LuLuCaのラッピング車両

そんな風に、住宅街をゆっくりと走るしずてつにも、ビューポイントがありました。古庄駅~県総合運動場駅間です。ここは、国道1号やJR東海道本線・東海道新幹線を越えるために盛土で高架されています。東海道線を下に見たり、また目線を上に上げると、富士山も見ることが出来ます。本当に最大のビューポイントです。


高架されている区間
高架されている区間

しずてつの車窓から見える富士山
車窓から見える富士山

県総合運動場前駅は、島式ホーム2面4線で、新静岡~新清水11kmの中で、唯一上下線で退避・追越が出来る駅です。そのため昔は、急行があり、ここで追越が行われていたそうです。小さな鉄道なのにびっくりです。


2面4線の県総合運動場前駅
2面4線の県総合運動場前駅

車窓から見えた駅

狐ケ崎~入江岡は、東海道本線と併走する区間です。この辺りは横浜~鶴見間のJRと京急の風景とよく似ています。ミニ京急みたいな感じがしました。


狐ケ崎~入江岡の、JRと併走する区間
狐ケ崎~入江岡-JRと併走する区間
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : しずてつ 静岡鉄道 鉄道 地方私鉄

コメント

来年もよろしくお願いします♪

今年は楽しくお付き合いいただいてありがとうございました♪

来年もまたよろしくお願いいたします(*^▽^*)

いつも来ていただき、コメントも下さってありがとうございます。
こちらこそ、来年もどうぞよろしくお願いいたします
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。