スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しずてつ|新静岡駅

首都圏、関西圏、名古屋圏以外の各県の県庁所在地では、独自の地方鉄道や中小私鉄を持つところが多くあります。最近、地方の富山ライトレールの影響で、路面電車が脚光を浴びて、本などが出版されていますが、路面電車以外の中小私鉄で最近話題になっているのは、いちご電車や猫の駅長で有名な「和歌山鐵道」や、女性接客乗務員(アテンダント)で話題になった「えちぜん鉄道」くらいで、他の地域では厳しい経営に迫られて、廃止や路線短縮になってしまう地域が多く見られます。


静岡おでん
静岡のB級グルメといえば、静岡おでん

今回訪れた静岡県にも、様々な中小私鉄がありましたので、どんなものかと思って幾つか乗ってきましたので、その内のひとつである「しずてつ」を紹介したいと思います。


しずてつの路線図
しずてつの路線図

静岡鉄道の静岡清水線は、静岡市の新静岡と新清水のわずか11kmを結ぶ短い路線です。特徴は、全線でJRや他の鉄道の接続をしていないこと(草薙駅などのように、近い駅ならあるのですが)全線複線、ワンマン運転、車両は独自の車両一形式1000系のみという徹底した合理化、しずてつカードlulucaというICカードの導入などが挙げられます。

しかし一番の特徴は、地方の中小私鉄では珍しい高頻度運転で、日中の昼間でも5~6分間隔で運転している点です。普通の中小私鉄なら30分くらいが普通だと思われますが、すごい頻度です。今回は、そのしずてつを新静岡から新清水まで全線乗ってきました。


新静岡駅改札口
新静岡駅改札口

まず始発の静岡駅ですが、静岡市の中心市街地に位置し、地上駅なのですが、駅ビル型ショッピングセンター「新静岡センター」の地下に改札口があり、改札を出るとすぐにデパチカのようになっています。


静岡のお茶やさんで食べた抹茶パフェ

新静岡バスターミナルからバスで行けるお茶やさんで食べた抹茶パフェ

新静岡駅と車両
新静岡駅と車両

新静岡-島式ホーム2面3線(頭端式)の地上駅
島式ホーム2面3線(頭端式)の地上駅

しずてつの車内の様子
しずてつの車内の様子
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : しずてつ 鉄道 新静岡 静岡鉄道

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。