スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

港あじ鮨(駅弁)|静岡県沼津

沼津の干物の生産量は全国の約半分を占め、日本一であるそうです。(ちなみに鯵の水揚は長崎県が一位で、沼津の干物にも長崎産は使われているようです。中にはオランダ産もあるようです。)そのため鯵になじみがあり、駅弁や沼津港の料理店などで、干物以外にもいろいろな料理で鯵が提供されています。

そこで、今回紹介するのは、沼津駅で販売されている「港あじ鮨」という、桃中軒の駅弁です。駅弁で鯵というと押寿司になりがちです。しかし沼津の鯵の駅弁は、普通の押寿司ではなく、太巻き・にぎり風・葉っぱに包まれためはり寿司のようなお寿司の3種類で構成されています。そしてなんと、本物の生わさびとおろし金も入っています。箱にはおしながきが書いてあり、以下のように書かれています。


港あじ鮨のパッケージ

港あじ鮨

おしながき
一、 にぎわい鰺鮨
清らかな天城の伏流水で育まれた天城山葵の茎を塩漬けにして鮨飯に混ぜ、さらに見た目にも鮮やかな山葵の葉で、お寿司を包みました。
一、 ぬまづ鰺鮨
沼津の海で育った新鮮な鰺を特性の酢でしめ、じっくりと昆布の旨みを染み込ませた本格江戸前の鰺鮨で、しその葉を帯状に巻いてあります。
一、 鰺わい太巻き
沼津で捕れた新鮮な鰺の切り身を、太巻きの芯にしました。ほんのりと海苔が香りお口の中いっぱいに海の香りが広がります。


港あじ鮨
奥の寿司はワサビの葉、手前の寿司はシソで巻いてあります。

箱には、鯵が沼津産で、わさびが伊豆天城山産と書かれていました。ついてくる生わさびは、小さいながらも全部おろすと、この駅弁だけでは使いきれない量です。添付されているおろし金で卸すと、生わさび特有のつんとしているけれども、とてもいい香りがしてきます。それを3種類の鮨につけて食べていると、もう駅弁という感じがしません。

その他のご当地グルメに関しては、食の彩発見で。

スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

タグ : 港あじ鮨 沼津 駅弁 ご当地グルメ 桃中軒

コメント

こんにちわ~♪

さきほど お昼ごはん食べたのですが・・・
あまりに美味しそうな画像に涎が・・・(笑)(^^ゞ

山葵の葉で包んであるのですね♪
そのまま食べちゃうのかしら?
〆鯵も太巻きもとても美味しそう(^o^)

めはり寿司みたいな感じで、ワサビの葉ごと食べるんですよ。
中の酢飯にもワサビの茎が刻んで入っていて、
おろしたてのワサビと共に食べるので、さらにおいしさUPでした。
機会があれば、是非食べてみてください。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。