スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沼津とろりん|静岡県沼津

今回紹介するのは、前回の隣町である、沼津からの新ご当地グルメ「沼津とろりん」です。

沼津とろりんとは、駿河湾の特産品である「桜えび」「甘い風味」「とろ~り」この三つの要素を備えたあんかけが特徴で、由来は、沼津駅前の仲見世商店街の前身となった、戦後の闇市で愛されたという五目あんかけ麺。茶そばや丼ものなどに、あんを乗せて提供されるようです。

そこで、丼ものと麺ものを両方提供している、沼津の老舗である中華屋の萬来軒に行ってきました。


萬来軒の外観

萬来軒の店内

とろりん麺の方は、麺が細く、野菜の旨みと甘みがあり、味もさっぱりしていました。桜海老の風味も食欲をそそり、細麺好きの私にはとても美味しくいただけました。とろりん丼はそのあんがご飯の上に乗った、桜えび入り中華丼のような感じでした。


沼津とろりん麺
沼津とろりん麺

沼津とろりん丼
沼津とろりん丼-スープ付でした。

出来立てほやほやのご当地グルメらしいので、この商店街や沼津の町に定着するかは、商店街の頑張り次第なので、ぜひ盛り上げていって欲しいです。


その他のご当地グルメに関しては、食の彩発見で。

スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

タグ : 沼津とろりん 沼津仲見世 沼津 ご当地グルメ 萬来軒 とろりん麺 とろりん丼

コメント

saiさん こんばんわ~♪

とろりん丼美味しそうですね~(^o^)中華風のお味なんですね。
で、地場の桜海老♪
何年か前 三島で捕れたての生桜海老をどんぶりに持ってある桜海老丼的なものを食べたことあります(^o^)・・・正確な名前覚えてないにゃん(^^ゞ

でも桜海老は干物のほうが味が深くて美味しいかも♪

No title

生の桜えびを食べたことがあるんですね。
静岡県でないと、なかなか食べられないので、貴重ではありますが。

干物というのは乾物になったお好み焼きとかに入れるやつでしょうか。
独特の旨みがありますので、入れると入れないでは味が大分変わりますよね。

今回の静岡旅行(出張?)では、桜えびの産地の由比に行って、
桜えび料理を幾つか食べてきたので、その内ここでも紹介しますね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。