スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北上線|横手駅-ほっとゆだ駅

横手駅を出ると、横手の町の住宅街が続きますが、次第に緑の木が生えている畑が広がってきます。何かなと思ってみていると・・・。


横手の町

横手

横手のブドウ畑

車窓をよく見ていると、ぶどう園の文字が。そう、ここはブドウ畑なのです。このブドウ畑が水田以上に目立っていました。北上線と平行に走る国道107線では、ブドウ畑が多いようで、観光ぶどう園もあるようです。

帰ってから調べましたが、横手市付近は県内でも有数のぶどうの産地のようです。巨峰、キャンベル、スチューベン、ポートランド、ナイヤガラなど種類もいろいろ。夏暑く冬寒く、また成熟期の昼夜の寒暖の差が大きい自然環境が、ぶどうの甘さや香りを育み、美味しいぶどうができるようです。


横手のブドウ畑

横手のブドウ畑

横手の水田

ぶどう畑や水田を通り山を登ってゆくと、いつの間にか岩手県に入っています。北上線のちょうど真ん中にある「ほっとゆだ」駅は、昔は陸中川尻という駅名でしたが駅名を変更し、温泉ということをアピールしています。この駅には、駅舎の中に温泉施設があり、浴場には乗り遅れないように、列車の時間が分かる信号機があるようです。

ほっとゆだには、高校でもあるようで、高校生が大勢乗ってきました。


ほっとゆだ駅
ほっとゆだ駅
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 北上線 横手 ほっとゆだ ブドウ畑 鉄道

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。