スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9年間の個人サイト事情-web全般-

この8月末で、この日本彩発見のサイトは9周年となります。9周年という事で、9年間を振り返ってみようと思います!

「ブログやSNSでないと、旅行記は読めないのか?」 「個人で作成している、使える情報サイトは、なぜあまり増えないのか?」 最近インターネットで旅行記を読もうとすると、そんな疑問が沸いてきます。

日本彩発見のサイトを立ち上げたのは、1999年頃です。この頃は、まだインターネットをする人が急に増え始めていた時期であり、ホームページを作ることが難しいと思っている人が多かった時代です。あまり多くのサイトも無いような時代でした。タグを手打ちで打つか、ホームページビルダーのようなソフトを使う必要があり、サイト開設は難しいというイメージがありました。
この頃のサイトはデザインが冴えなくて、内容もあまりなく、タイトルは「○○(人の名前)のホームページ」などのようなものが多かったです。この時期には、メールマガジン・メーリングリストも一般的になり始めました頃でもあります。

しばらくすると、デザインが簡単な日記サイトやテキストサイトが登場しました。画像もほとんど入れずに、テキストだけで勝負するページで、日記のような、エッセイのようなものが多く登場しました。面白い事を書いて笑わせるようなネタ系のページが流行っていた気がします。
またこの頃からニュースサイトや2CHまとめサイトも登場しました。これらは昨今ではブログで作られていて、現在も流行っているページが多いです。

そしてブログの登場です。ブログは誰でも簡単に、きれいなデザインで立ち上げられるので、多くの人が気軽にブログを持つようになりました。しかし、誰にでも情報が発信できる利点がある反面、検索エンジンで情報が見つけにくい時代にもなりました。

ブログは検索エンジンに登録されやすいので、あるキーワードで検索すると、個人のブログが上位に来ていることが多くあります。そこで開いてみると、すでにそのキーワードに関する記事は更新されていて、どこにあるかわからないという事もよくあります。ジャンル分けが曖昧なブログでは、読みたい情報を探すのは困難ですし、きちんと分けてあるページでも、キーワードによっては情報が探しづらくなります。また、アフィリエイト目的のページで、探したい情報がほとんど書いていない事もよくあります。時々、検索エンジンには、ブログ抜きで検索する機能が欲しいと、思ってしまうほどです。

そしてSNSも登場しました。SNSは誰が見たか、今ログインしているかなどがあまりにもはっきりしているため、すぐに日記を書くと反響がある反面、毎日ログインしてレスをつけたり、日記を書いたりしなくてはいけないというような、強迫観念に駆られて嫌になる人も多いようです。誰もが人によく見られたいという思いを持っているので、こうなるのでしょうか。

このように時代によってインターネット上で流行っているページは、どんどん変化していきます。果たして次は何が流行るのか。そんなネットの流れが変わっても、とりあえず今まで通りのんびりやっていきたいと思っています。

スポンサーサイト

テーマ : 雑記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。