スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根室本線|別当賀駅-根室駅

原野という言葉がぴったりの、建物一つない丘陵地帯を通り過ぎてゆきます。別当賀駅を過ぎると再び海が現れましたが、途端に霧がかかってきました。厚岸ではあんなに晴れていたのにびっくりしました。そしてさらに驚いたのは、海から離れるとまた晴れてくるのですが、海に近付いた途端、再び霧がかかってくることです。この根釧地区は、霧の多さで有名な場所です。広い土地はあるものの、日照環境が悪いために農作物が取れず、酪農が盛んになった地域です。


別当賀駅(べっとがえき)
花咲線区間には、だるま駅(貨車駅)が多くあります。

別当賀-落石間の車窓

霧のかかった海
海に出ると曇っていました。

海とは対照的に晴れている内陸部
その後、海から離れると、また晴れてきました。

牧場の牛
酪農が盛んなので、牛がたくさん!

霧のかかった花咲港
霧のかかった花咲港

そして間もなく、長かった根室本線の旅も終わりです。終着駅は根室駅ですが、西に回り込んでいるため、実質的な日本最東端の駅は、一つ手前の東根室駅になります。そのため、両方の駅に「日本最東端の駅」という看板があります。とはいえ、最果てまで来たなーとしみじみ感じるのは、やはり根室駅に来た時でした。


東根室駅の、日本最東端の駅という看板

根室駅の、日本最東端の駅という看板
根室駅にも、「日本最東端の駅」という看板があります。

根室では、駅前にお土産として蟹の店が多くあります。一番目に付くのは、この地方の特産物である花咲ガニです。殻の色が濃く、棘がたくさんあって、少し油っぽい味が特徴です。そこから少し脚を伸ばしてスーパーを覗いてみると、花咲ガニが1パイ300円で売られていました。サイズが小さい事もありますが、お土産屋で売られているものと全然値段が違います。根室に住んでいる人にとっては、花咲ガニは身近な食材のようです。


スーパーで見かけた花咲ガニ

根室では、花咲かにめしの駅弁と、ご当地グルメのエスカロップを食べることができました。(詳細はリンク先のグルメページのコーナーをご覧下さい)


駅弁の花咲かにめし

根室名物のエスカロップ
スポンサーサイト

テーマ : 北海道旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : エスカロップ 花咲かにめし 根室 日本最東端の駅 根室本線

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東根室駅

東根室駅ホーム2 posted by (C)研究★室長
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。