スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根室本線|尺別駅-釧路駅

尺別駅でちょっと一休憩。昔はここからも雄別炭鉱鉄道が出ていたらしいのですが、まったくその面影はありません。ひっそりと草むらがあるだけで、昔の様子はわかりません。


尺別駅
尺別鉄道があった駅ですが、全く人の気配がありません。

音別は、 オロナミンCの大塚製薬の工場があり貨物の取扱がある駅です。貨物車両が止まっていました。しかしこの辺にくると人口が少ないためかとてもさびしく感じます。


音別駅
貨物の取り扱いがある音別

音別駅を過ぎると馬主来(パシュクル)沼があり、道東特有の湿原が現れ始めます。そして間もなく古瀬駅に到着です。古瀬駅は止まる列車も少なく、大きな道路にも面していないので、秘境駅の一つと言われています。上りと下りでなぜかホームも離れています。


馬主来(パシュクル)沼
馬主来(パシュクル)沼

古瀬駅
秘境駅のひとつの言われる古瀬駅

古瀬駅を通過した特急列車
古瀬駅で上りの特急が通過。

白糠線の分岐の白糠駅を越えると、このあたりから釧路圏となり、また学生が増えてきます。


白糠駅
白糠線の出ていた白糠駅。

大楽毛(おたのしけ)駅

大きな貨物ターミナルは新富士駅です。新富士駅を出てすぐに見える釧路川を渡ると、間もなく釧路に到着です。


新富士駅の貨物ターミナル
新富士の貨物ターミナル

17時38分、釧路駅に到着。やっと国内最長、鈍行8時間の列車を降りる時がやってきました。しかし根室本線はまだまだ続くので、ここで乗り換えです。18切符や自転車を持った人たちの一部は、私と同様にここで乗り換えていました。
釧路駅

釧路駅ホームの海底炭

釧路は炭鉱の町

釧路駅ホームにある、湿原の鐘
そして湿原もある町

釧路駅外観

釧路駅からの、根室本線(花咲線)の線路
まだまだ、根室本線は続きます・・・
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。