スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鰊みがき弁当|北海道函館

函館ネタも残りわずかとなりましたのでここで2つの駅弁を紹介します。今日は、一つ目の鰊みがき弁当です。


「鰊」の大きな文字が目立つ古風な感じの掛紙。なんだか昔からある駅弁のようなので函館駅の売店で購入してみました。中身も開けてみると、ご飯の上に身欠き鰊の甘露煮、数の子、茎わかめ、大根の漬物ととてもシンプルでお正月料理のような駅弁です。食べてみると、味も濃すぎず薄すぎずに、美味しいお節料理を食べているようです。若者向けの駅弁ではないけど、長く親しまれそうな駅弁という印象を受けました。


鰊みがき弁当
鰊みがき弁当

調べてみると歴史も長い駅弁のようで、函館が北海道の出入口・玄関だった時期からある駅弁。青函連絡船や北海道各地に向かう汽車の車中で食べられていたようです。この駅弁に思い入れを強く持った人も多いようです。


その他のご当地グルメに関しては、食の彩発見で。

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : ご当地グルメ 函館 駅弁 鰊みがき弁当

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。