スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館市交通局

前回で一応静岡編は終了となります。
(天浜線の画像やら、沼津港などの画像もあるのですが、なかなか整理できずにいます。)
そして再び今回から北海道に戻りまして函館編します。


 函館市電-らっくる号

函館の観光といえば、夜景や坂道、古い洋館など見所いっぱいです。坂道から見える洋館や港の風景はどっかの異国に来たようで、まさに”異国情緒”の雰囲気があります。その街を走る函館の路面電車。乗っているだけで街の景色が楽しめ、また、街の匂いを感じることができ、観光と生活に密接に関わっていることを実感できます。そこで、路面電車は北海道遺産の一つに選ばれています。
今回は、そんな函館市電の紹介です。函館市電は、2系統しかありませんが、終点となっている湯の川、谷地頭は温泉。観光の目玉になっている函館山・元町地区、五稜郭地区に全てアクセスできるので観光の足として最適です。


函館山からの景色
函館の夜景-坂
函館の夜景-教会
函館の夜景-港
函館市電-金森赤レンガ倉庫号

上の画像は、クリスマス直前に函館に行ってきたものも使っているのでライトアップされていてとても華やかで綺麗です。とても絵になる町なのですが・・・非常~にさむ~~いです。昨年も行ってきたのですが、雨に降られました。雪以上に寒いです。傘差すのもガクブルガクブル状態でつらかったです。程よく綺麗に雪が積もると、ムードがあってとても良さそうです。


操車塔
操車塔

十字街駅付近には、操車塔が保存されています。路面電車のポイントや信号表示を手動による遠隔操作を行なう施設です。キノコ型でとても変わった建物です。


駒場車庫

駒場には、車庫があり、道路からでもさまざまなラッピングした車両を見ることができます。


函館市電-りんりん号

路面電車自体も函館の町のお店の広告でラッピングされ、とてもかわいくてカラフルです。


函館市電-スナッフルス号
函館市電-カールレイモン号

次回から紹介予定のご当地グルメを食べられるお店の広告をしたラッピングもありました。

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 函館市交通局 ご当地グルメ 函館 路面電車

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。