スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠州鉄道|高架と西鹿島駅

2009年8月29日で『日本彩発見』のサイトは10周年になりました。しかしながら忙しくてやる気が出なくて、久々に更新です。今回は、前回の続きの遠州鉄道です。




遠州鉄道の高架区間
遠州鉄道の高架工事
遠州鉄道の高架

遠鉄といえば高架区間です。訪れた時も工事が行われているようでした。この画像を見るだけでも近代的な都市鉄道という感じ。地方の中小私鉄ではとっても異質。首都圏や大阪圏の鉄道みたいな都会的雰囲気がします。


遠州鉄道の駅

ちなみに高架されていない区間の駅はこんな感じです。やはりホームは細く小さめです。


西鹿島駅
西鹿島駅ホームから見た車両基地
西鹿島駅天浜線ホーム
西鹿島駅キオスク
西鹿島駅の様子

終点の西鹿島駅です。中部の駅百選に選定されている特徴的な建物です。とっても見栄えのする駅です。この駅は、天浜線(天竜浜名湖鉄道)と接続している駅のため乗降客も多く、遠鉄の中でも主要駅です。ここに車両基地があり、車両もいろいろ停車しています。天浜線のホームからも車両基地としての様子が分かります。駅の中には、キオスクもありました。(2009年3月30日で閉店したらしい)


天浜線からの接続切符
天浜線からの接続切符

上の画像は天浜線の天竜二俣駅で買った接続切符です。中小の地方私鉄と第三セクターの鉄道の接続切符はとても珍しいかも。第三セクターの鉄道って、そもそも券売機がある駅自体が少ないですからね。

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 遠州鉄道

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。