スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋台餃子|高知県高知

夜の地方の町を散策するのが好きなので、ホテルでレンタル自転車を借りてウロウロしていると、なんとテントが見えてきました。ここは、川崎か・・・?(川崎市は、路上生活者が多いので街のいたるところにテントみたいなものがありそこで生活している人がいる。)・・・と思うような風景でしたが、よ~く見てみるとどうやら屋台らしいのです。
そんな屋台がいくつかあるのです。屋台で一番有名な街の博多・中州と比べるとお店の数は少ないけど一軒一軒の屋台が大きく、賑わってました。


高知の屋台

その高知で有名なのが餃子らしいのです。「安兵衛」「松ちゃん」という2店のお店が有名らしく、「安兵衛」さんに行ってきました。多めの油で薄皮の表面をカリカリに焼かれているのが特徴で、表面はパリッと、そして中からは肉の旨みが出てきて、揚げ餃子と普通の餃子の中間みたいです。しかも嫌な油っぽさがないので飽きが来ないのでいくらでも食べられます。後日紹介するひろめ市場にも支店があるので気軽に行けるので、お勧めの一品です。


「安兵衛」さんの餃子

その他のご当地グルメに関しては、食の彩発見で。


スポンサーサイト

テーマ : 旅と美味 - ジャンル : 旅行

タグ : ご当地グルメ 高知 餃子 屋台餃子 安兵衛

鯖姿寿司|高知県高知

鯖寿司は、京都を中心に関西地方、山陽、山陰、北陸などいろいろなところにありますが、高知の鯖寿司はオカシラ付き、尻尾もついてます。つまり姿寿司なのです。関西地方の鯖寿司は、頭が付いていないと思いますので、高知のものは見た目が豪華です。


皿鉢料理の鯖寿司
皿鉢料理の鯖寿司
鉢料理の鯖寿司

身を少ししか使わないバッテラなどとは違って、背を開いた鯖一匹のおなかにご飯を詰めた豪快なお寿司。頭の脳天までごはんが入ってます。実際頭の部分は食べるのかどうかは分かりませんでした。食べるとしたらどうやって食べるの!?


見た目は豪快ですが、大味というわけでなく味もよく、脂がのり、生臭さもなく、酢飯との愛称も抜群でした。鯖一匹を使っているため食べ応えもあります。高知県ではとても馴染みのあるらしく土佐清水の鯖で作る鯖寿司は特に有名です。普通にスーパーなどで売られていたり、家で作る人も多いようです。


ひろめ市場で売られたいた鯖寿司
ひろめ市場で売られたいた鯖寿司

その他のご当地グルメに関しては、食の彩発見で。

テーマ : 旅と美味 - ジャンル : 旅行

タグ : ご当地グルメ 高知 鯖寿司 鯖姿寿司

帽子パン|高知県全域

高知県で売られているUFOのような帽子のような形のパンが『帽子パン』です。つばの部分は、甘くカステラのようになっていて、メロンパンのように触るとベタベタ、食べるとサクサクとしています。真ん中の部分は、まん丸の普通のパンです。高知県では、どこでも売られているようで、子供から大人までとても馴染みがあり、他の地域では売られていないことを知らない人もいるようです。
この画像は、大丸にあったパン屋さんと高知駅にあったパン屋さんで買ったものです。


皿鉢料理
皿鉢料理
皿鉢料理

その他のご当地グルメに関しては、食の彩発見で。

テーマ : 旅と美味 - ジャンル : 旅行

皿鉢料理と土佐の郷土料理|高知県全域

前回まで函館を終了します。


大河ドラマは、「龍馬伝」で高知。年末のスペシャルドラマの「崖の上のポニョ」じゃくて「坂の上の雲」は松山。朝の連続ドラマの「ウエルかめ」は徳島。最近のNHKはどれも四国が舞台だったり、関係ある作品ばかりが多くなっています。これは、今年四国ブームがやってくるかも・・・といことで、四国を取り上げたいと思います。まずは、高知からです。


高知、土佐の料理といえば、土佐造りと呼ばれる鰹のたたきと皿鉢が有名です。そこで、今回は皿鉢の紹介です。
見た目は、大きなお皿にのった宴会料理、仕出し屋さんの料理という感じです。歴史は、古く、神事の際の儀式食が発展したものらしく、刺身に寿司、そして、組み物と呼ばれる煮物や練り物、酢の物、揚げ物、お惣菜、デザートなどの盛り合わせ基本のようです。ですが、最近は、刺身と寿司と中華や洋風のオードブルといったものもあるようで、時代と共に変わってきているようです。冠婚葬祭などの人が集まったりするイベントや宴の席で出されて、そのイベントごとにさらに華やかな内容に変わったりもするそうです。


皿鉢料理

写真の皿鉢は、土佐市場というお店で食べた「いごっそ皿鉢」の内容を郷土料理と鰹の塩たたきなどを入れてもらって、少し内容を変えたものです。
内容は、覚えている限りで挙げていきますと、刺身、鰹、鯨、うつぼのたたき、どろめ(いわしの稚魚)、のれそれ(あなごの稚魚)など。お寿司は、鰹と鯨と鯖の寿司。その他に組み物として、まいご・ちゃんばら貝、さえずり(鯨の舌)、ガシラ(かさご)揚げ物、りんごという感じでした。普通のの皿鉢は、珍味とかが少なく、エビフライとか唐揚げとか普通のお惣菜の割合が高いそうです。


うつぼのたたき
うつぼのたたき

さえずり(鯨の舌)
さえずり(鯨の舌)

どろめ(いわしの稚魚)
どろめ(いわしの稚魚)

のれそれ(あなごの稚魚)
のれそれ(あなごの稚魚)

値段はちょっとお高めですが、色々な郷土料理が食べられてとても満足度が高かったです。魚好きにはたまりません!

食べたお店は、はりまや橋の近くの帯屋町筋商店街にあった「とさ市場」さんというお店です。このお店以外にも帯屋町筋商店街には皿鉢料理を食べられるお店がたくさんあります。皿鉢料理は、予約が必要なお店がほとんどなので観光で気軽に立ち寄って食べるということはちょっと難しいです。計画的に食べに行って下さい。


その他のご当地グルメに関しては、食の彩発見で。


テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

タグ : ご当地グルメ 高知 土佐 皿鉢料理 かつお 郷土料理

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。