スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大井川鐵道|本線

大井川鐵道は、名前のとおり大井川を上流に向かって走る路線。悠々と流れる大井川と「川根茶」の産地であるこの地域の茶畑を見ながら進んで行きます。


新金谷駅
新金谷駅

始発の金谷駅から乗るとすぐに着くのが隣の新金谷駅です。実は大井川鐵道は、この駅が拠点になっていて、お土産やさんや、SLに乗る人のためのマイカー駐車場、観光バスもここに停めてこの駅からSLに乗車するツアー客などが多数いるようです。駅の構内も広くて古そうな車両が停車しています。それにしても大井川鐵道は、SL以外にも古い車両がいっぱい。まるでタイムスリップしたようです。


大井川
大井川

大井川鐵道から見る茶畑
大井川鐵道から見る茶畑

大井川鐵道の橋

塩郷駅から見える吊橋
塩郷駅から見える吊橋

久野脇橋という塩郷駅から見える吊橋です。大井川では本線や井川線で車窓を見ているとたくさんの吊橋を見ることが出来ます。


 大井川鐵道の線路

大井川鐵道の橋

レトロな雰囲気を出すためのなのか、お金がないからなのか定かではありませんが、車窓が少し汚れて曇っていて、景色の写真がちょっと撮りづらかったです。


スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 大井川鐵道 新金谷駅 大井川 茶畑

大井川鐵道|金谷駅

SLに乗ってみようと思い立ち、大井川鐵道にも乗ってきました。大井川鐵道は子供の頃から乗ってみたいなと思っていた路線憧れの路線です。僕が子供の頃は、今のように全国でSLが復活運転されていなかっったので、動いた生のSLを見てみたかったからという理由です。その想いを叶えることができました。


金谷駅の外観
金谷駅の外観

今回は、大井川鐵道本線と井川線を往復で乗りつぶし、本線の帰りにSLを利用しました。まずスタートの駅となる金谷駅ですが、とても小さな静かな駅でとても50㎞以上ある私鉄に見えません。非常に簡素な造りです。ちょっとレトロな感じの売店にて駅弁を購入しました。


金谷駅の駅舎内
金谷駅の駅舎内


大井川鐵道車両
大井川鐵道車両

そしてホームに行くとまた、レトロな昭和の香りがする車両が待っていました。この鉄道の特徴は、SL以外にも古い車両が多いのも特徴らしく、これは元南海の車両らしいです。この金谷駅からまずは、本線の終点千頭駅に向かって緑色の茶畑を見ながら大井川に沿って北上してゆきます。その距離39.5kmを1時間半弱をかけてゆっくりと進みます。


大井川ふるさと弁当
大井川ふるさと弁当

ちなみに鉄道の鉄が「鐵」と旧字体になっているのは、『金』を『失』うと書き縁起が悪いから、変更したそうです。和歌山電鐵も同じ理由で、わざとこの時を使っているようです。

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 大井川鐵道 金谷駅 大井川ふるさと弁当 駅弁

かつお&黒はんぺん|静岡県焼津

今回は、焼津のかつおの紹介です。焼津には、日本有数の遠洋漁業基地として知られている港があります。まぐろやかつおの陸揚量全国1位にもなったことがある港で、清水港との違いは、まぐろ+かつおがあり、かつお料理が豊富なことのようです。そこで、焼津のかつおを中心とした魚料理を食べてきました。下の写真は、かつおのたたき、かつおのはらも焼です。これ以外にかつおのガワ料理などいろいろな調理法の料理があり、かつお特有の臭みもなく脂が乗っていて美味しかったです。


かつおのたたき
かつおのたたき

かつおのはらも焼
かつおのはらも焼

そしてもう一つ焼津で有名な名産品の黒はんぺんも食べてきました。黒はんぺんは、鯖や鰺、鰯などを原料とした灰色のはんぺんです。静岡特有のはんぺんで、静岡ではんぺんと言えば黒はんぺんを指すようです。そのまま食べたりわさび醤油や生姜醤油をつけて食べることが多いそうで、先日紹介した静岡おでんにも入っていることが多いようです。そんな黒はんぺんを今回はバター焼で食べてきました。 感想としては、はんぺんと言うものの、魚の皮や骨をすりつぶした感じが残っていて、カルシウムたっぷりな感じです。そのため若干、魚の風味が残っていて、生臭さを感じる人もいるかもしれません。はんぺんとつみれを足して2で割った感じでした。


黒はんぺんのバター焼
黒はんぺんのバター焼

行ったお店は、焼津駅近くの「黒潮」というお店です。まぐろとかつお料理が多数あり、さすが焼津と魚料理の居酒屋という感じのお店です。お花がきれいに飾られたお店でした。落ち着いて食べたいなら清水港の河岸の市よりもこういったお店のほうがお勧めです。焼津には焼津駅近辺以外にも東名のインター近くにの焼津さかなセンターや焼津漁港の食堂や漁港付近などにたくさんの魚料理店やお土産やがあります。


黒潮外観

黒潮の店内

まぐろのリブステーキ
まぐろのリブステーキ

その他のご当地グルメに関しては、食の彩発見で。

テーマ : 旅と美味 - ジャンル : 旅行

タグ : ご当地グルメ 焼津 かつお 黒はんぺん 黒潮

二色まぐろ重|静岡県沼津

沼津というと駿河湾で採れた桜えびや深海魚など近海モノの海の幸が豊富な場所ですが、駅弁では、まぐろ弁当も発売されています。


二色まぐろ重のパッケージ

この二色まぐろ重は、静岡県内で水揚げされた鮪を二色(ニシキ)の味で食べられるようにこの名前が付けられたそうです。 甘だれづけまぐろ と 素揚げづけまぐろ の2種類がごはんの上に乗っていて、『特製のたれでづけにし、揚げたものを自家製の甘だれでからめ椎茸・生姜の酢飯と共にまず一色、素揚げにしたづけ鮪をさっぱりとした酢飯と共に二色めです。こちらの素揚げの鮪は、お好みで山葵と醤油と一緒にお召し上がりください』と説明されています。大きなまぐろが四切れも乗っていて、駅弁でよくあるようなそぼろ系の駅弁でないのでとても食べ応えがあります。


二色まぐろ重

この駅弁は、沼津駅の駅弁やさんで購入したものです。沼津から新宿に向かうあさぎりの中でいただきました。


あさびり号
新宿駅のあさぎり号

その他のご当地グルメに関しては、食の彩発見で。

テーマ : 旅と美味 - ジャンル : 旅行

タグ : 二色まぐろ重 沼津 沼津の駅弁 ご当地グルメ 駅弁 桃中軒

のっぽパン|静岡県東部

キリンのイラストが書かれたのっぽの細長いコッペパンで、中には甘いクリームが挟んであります。地元が静岡東部地区で沼津や伊豆半島、静岡県東部地区の一帯のほとんどのスーパーで常時販売されていて、誰もが知っていて愛されている有名な菓子パンでした。


のっぽバンデリ仲見世店

のっぽバンデリ仲見世店の看板

しかしながら、2007年8月より、製造していた会社がパンの小売事業から撤退することを決めてしまったために、静岡パルシェと沼津仲見世商店街のっぽパン専門店以外では扱われなくなった時期もあったようですが、静岡県東部のスーパーなど数量限定ですが、販売がされるスーパーも出てきたようです。


のっぽパン

その他のご当地グルメに関しては、食の彩発見で。

テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

タグ : のっぽパン ヌマヅベーカリー のっぽバンデリ 沼津 ご当地グルメ

うなぎ|静岡県三島

しばらく静岡県以外の話題を扱っていましたが、2ヶ月ぶりに静岡県に戻りたいと思います。

うなぎといえば、浜名湖が有名ですが、静岡県の東部に位置する三島もうなぎで有名な街です。三島市は、市内各地で富士山の雪解け水が湧き出る湧水が市内各地で見られ、水の郷100選にも選ばれています。この湧水を使って、全国から仕入れたうなぎを2~3日さらし、うなぎが持っている生臭さや、泥臭さを消し、余分な脂を取ることが出来るそうです。


うなよしの外観

うなよしの店内
うなよしの店内

伊豆箱根鉄道の三島広小路付近には、多くのうなぎやがあり、今回はその中のうなよしというお店に行ってきました。閉店間際だったので、店内では食べる事が出来ずに、お弁当で持ち帰りにしました。お弁当とはいえ、すぐに食べたので出来立ての温かい状態で食べる事が出来ました。温かいうなぎは、身が軟らかく、ふわっとしていて、脂もしつこくなくとても美味しかったです。


うなよしのうなぎ弁当パッケージ

うなよしのうなぎ弁当

伊豆箱根鉄道駿豆線・三島広小路の駅の看板は、レトロな感じで趣があってよかったです。


三島広小路駅の駅票

三島広小路駅の構内

伊豆箱根鉄道駿豆線の車輌

テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

タグ : うなぎ 三島 ご当地グルメ うなよし 伊豆箱根鉄道駿豆線 三島広小路

ごはんリレー

美味しいものがあると聞くと、日本全国津々浦々いろんなお店に行くのが趣味なのですが、地方の有名店に行くと必ずあるといっていいのが、お店に飾ってあるサインです。地方局のアナウンサーなどのサインだと分かりづらいですが、自分の見ている番組のサインがあったりすると嬉しいですね。今回は、先日見かけたサインを紹介します。

名古屋に中部日本放送 (CBC)というテレビ局があります。その局に「ノブナガ」という番組があり、そのワンコーナーに「ごはんリレー」という企画があります。出会った人に「昨日食べたモノを1つ」教えてもらって 、教えてもらったらそれを食べた同じ場所に移動し「同じモノ」を食べます。食べ終わったら、その付近で出会った人にまた「昨日食べたモノを1つ」教えてもらって、同じ場所で「同じモノ」を食べる事を繰り返します。言われたもの以外食べてはいけない!というルールを守りつつ、味噌カツ、味噌煮込み、きしめん、手羽先、ひつまぶしの5品の中から3品食べられたらゴールという企画です。


道後温泉
道後温泉

味倉の外観

そんな企画を挑戦している子、小泉エリさんのサインを道後温泉の近くの「味倉」というお店で見つけました。最近の日付が書かれていたので、、まだ、放送されていないのかなと番組のごはんリレーブログなどで調べてみましたが、名古屋では放送済みらしいです。しかし、私の住んでいる北海道では、北海道放送 (HBC)というTBS系列で深夜に放送されていて、名古屋の放送のほぼ2ヶ月遅れなので、まだ放送されていないようです。


小泉エリさんのサイン

ごはんリレーブログでは、ブログを見ると将来どこに行くのかについて、ネタばれしてしまいます。そんなブログを見ていて気が付いたのですが、道後温泉に訪れたのが2009年2月9日の日付になっていました。しかし、実際に訪れた日は2008年11月15日のようです。ブログは、名古屋の放送を追いかけて更新されているようですね。

ごはんリレーブログへのリンク


南予風鯛めしの説明

ブログであっても、やはり放送日とブログを書いた日とロケの日は全然違うようです。エリちゃんは、この時、南予風鯛めしを食べたらしいです。北海道ではこれから放送されるようです。「味倉」では、ひゅうがめしも含めると3種類の鯛めしがあったのですが、これについては近々紹介します。


ひゅうがめし
ひゅうがめし

中予風鯛めし
中予風鯛めし

テーマ : お笑い/バラエティ 全般 - ジャンル : テレビ・ラジオ

タグ : ごはんリレー ノブナガ 小泉エリ 味倉 鯛めし ひゅうがめし ご当地グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。