スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しずてつ|新清水駅

JRとの併走区間を終えて巴川を渡ると、すぐに新清水に着きます。


しずてつの線路と巴川

新清水は、いかにも中小私鉄のターミナルという佇まいです。改札の数も多く、人もたくさん降りていきました。写真を撮っていたら、5~6分間隔で走っているだけあって、新静岡から乗ってきた電車は、あっという間に再び新静岡に帰って行きました。


新清水駅ホームと車両

新清水駅ホームと車両

新清水駅改札

新清水駅正面より

ここからJR清水駅へは10分くらいなので歩いてみましたが、シャッター通りとなりつつある寂しい商店街を通過すると、JR清水駅に行けました。新静岡駅周辺は人通りも多くにぎやかで活気に溢れているのに対し、新清水は寂しげなイメージでした。同じような繁華街なのにここまで違うのかと思いました。JR清水駅の港側にある魚市場(清水魚市場「河岸の市」)で、マグロ丼も食べてきました。


清水駅近くの商店街

清水の魚市場のマグロ
清水といえば、清水の魚市場のマグロ

11月には、この静岡鉄道以外に、遠州鉄道や天竜浜名湖鉄道にも乗ってきましたので、それも近日中に書きたいと思ってます。

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 新清水 しずてつ 静岡鉄道 河岸の市 魚市場

しずてつ|新静岡駅~新清水駅

前回は、静岡鉄道の新静岡駅を紹介しましたが、今日は、新静岡~新清水までの車窓を紹介したいと思います。

車窓を見ていてまず感じる事は、建物が途切れず、かなり街中を走る鉄道という印象でした。建物ばかりなので、あまりいい景色が広がっているわけではありませんが、地域に密着した感じがします。駅間もとても短く、車両も2両編成しかないので、ホームも短いです。静岡鉄道の長沼駅には、工場と車庫もありますが、これもまた小さいものです。


しずてつの小さな駅
小さな駅

小さな車庫と工場のある長沼駅
小さな車庫と工場のある長沼駅

そしてずっと車窓を見ていると、すれ違う車両がみんな同じということに気がつきました。帰ってから調べてみると、徹底した合理化を進め、独自の車両一形式1000系のみの車両しかないとのことでした。それでも午後の紅茶、コカコーラ、LuLuCaなど様々なラッピングをしてあるので、見ていても飽きのこない車体です。


午後の紅茶のラッピング車両
午後の紅茶のラッピング車両

コカコーラのラッピング車両
コカコーラのラッピング車両

LuLuCaのラッピング車両
LuLuCaのラッピング車両

そんな風に、住宅街をゆっくりと走るしずてつにも、ビューポイントがありました。古庄駅~県総合運動場駅間です。ここは、国道1号やJR東海道本線・東海道新幹線を越えるために盛土で高架されています。東海道線を下に見たり、また目線を上に上げると、富士山も見ることが出来ます。本当に最大のビューポイントです。


高架されている区間
高架されている区間

しずてつの車窓から見える富士山
車窓から見える富士山

県総合運動場前駅は、島式ホーム2面4線で、新静岡~新清水11kmの中で、唯一上下線で退避・追越が出来る駅です。そのため昔は、急行があり、ここで追越が行われていたそうです。小さな鉄道なのにびっくりです。


2面4線の県総合運動場前駅
2面4線の県総合運動場前駅

車窓から見えた駅

狐ケ崎~入江岡は、東海道本線と併走する区間です。この辺りは横浜~鶴見間のJRと京急の風景とよく似ています。ミニ京急みたいな感じがしました。


狐ケ崎~入江岡の、JRと併走する区間
狐ケ崎~入江岡-JRと併走する区間

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : しずてつ 静岡鉄道 鉄道 地方私鉄

しずてつ|新静岡駅

首都圏、関西圏、名古屋圏以外の各県の県庁所在地では、独自の地方鉄道や中小私鉄を持つところが多くあります。最近、地方の富山ライトレールの影響で、路面電車が脚光を浴びて、本などが出版されていますが、路面電車以外の中小私鉄で最近話題になっているのは、いちご電車や猫の駅長で有名な「和歌山鐵道」や、女性接客乗務員(アテンダント)で話題になった「えちぜん鉄道」くらいで、他の地域では厳しい経営に迫られて、廃止や路線短縮になってしまう地域が多く見られます。


静岡おでん
静岡のB級グルメといえば、静岡おでん

今回訪れた静岡県にも、様々な中小私鉄がありましたので、どんなものかと思って幾つか乗ってきましたので、その内のひとつである「しずてつ」を紹介したいと思います。


しずてつの路線図
しずてつの路線図

静岡鉄道の静岡清水線は、静岡市の新静岡と新清水のわずか11kmを結ぶ短い路線です。特徴は、全線でJRや他の鉄道の接続をしていないこと(草薙駅などのように、近い駅ならあるのですが)全線複線、ワンマン運転、車両は独自の車両一形式1000系のみという徹底した合理化、しずてつカードlulucaというICカードの導入などが挙げられます。

しかし一番の特徴は、地方の中小私鉄では珍しい高頻度運転で、日中の昼間でも5~6分間隔で運転している点です。普通の中小私鉄なら30分くらいが普通だと思われますが、すごい頻度です。今回は、そのしずてつを新静岡から新清水まで全線乗ってきました。


新静岡駅改札口
新静岡駅改札口

まず始発の静岡駅ですが、静岡市の中心市街地に位置し、地上駅なのですが、駅ビル型ショッピングセンター「新静岡センター」の地下に改札口があり、改札を出るとすぐにデパチカのようになっています。


静岡のお茶やさんで食べた抹茶パフェ

新静岡バスターミナルからバスで行けるお茶やさんで食べた抹茶パフェ

新静岡駅と車両
新静岡駅と車両

新静岡-島式ホーム2面3線(頭端式)の地上駅
島式ホーム2面3線(頭端式)の地上駅

しずてつの車内の様子
しずてつの車内の様子

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : しずてつ 鉄道 新静岡 静岡鉄道

桜海老|静岡県由比

国内産桜えびは、全て駿河湾で獲れたもので、特に一番桜えびで有名な漁港の町が由比です。駅前から漁港に行く道は、由比桜えび通りと名づけられていて、桜えびを売っている小さなお店が多数あります。その通りを5分ほど歩くと由比港に着きます。由比の港に着いて、びっくりしたのが立地です。JRと国道1号線と、東名高速が並んで走っていて、主要な大動脈が一箇所に集中しています。その隙間に漁港があるのです。


由比桜えび通り

浜のかきあげやの前にある由比漁港
浜のかきあげやの前にある由比漁港。その向こうは東名高速。

浜のかきあげや
国道1号線の高架下にある、浜のかきあげや

その国道1号線の高架下にあるのが、今回桜えび料理を食べてきた「浜のかきあげや」です。かきあげやというだけあって、かき揚げが絶品でした。何といっても甘いのです。かき揚げ丼はかき揚げ用のタレと絡めてあり、とても甘さが引き立ちます。かき揚げ単品で頼むこともできるのですが、単品だとタレの掛かってないサクサクの状態が食べられて、香ばしくていい香りが口の中に広がります。これを塩で食べるのもまた、美味です。


桜海老のかき揚げ丼

桜海老のかき揚げ

また由比丼といって、釜揚げの桜えびと釜揚げのしらすを、豪快にご飯の上に掛けて、専用のタレで食べるものなのですが、これもまた、かき揚げと違ってあっさりしていて、素材の美味しさ・新鮮さが感じられます。この他に沖あがりという、豆腐・ねぎ・桜海老のすき焼き風に煮込んだ郷土料理や、味噌汁もありました。由比丼と沖あがりは限定品なので、食べたい場合は早い時間に行く方がいいようです。


由比どんぶり-釜上げ桜海老としらすの丼
由比どんぶり

沖あがり
沖あがり

産地以外では、桜えびというと干した物で、お好み焼きや焼そばに入れるといった印象しかない方も多いようですが、産地だと新鮮なだけあって、いろいろな食べ方があるのだなと感心させられます。ちなみに、この店では食べられませんが、桜えびを生で食べられるお店もあり、これも絶品です。


由比漁港-浜のかきあげやの桜海老料理

桜えびは由比の町はもちろん、沼津や静岡など、静岡県内の飲食店で、生桜海老やかき揚げなどをメニューに加えている店がたくさんあります。冷凍により、一年中生の桜海老を食べる事が出来ますが、漁の行なわれている時期は、冷凍していない物を提供している店もあります。

その他のご当地グルメに関しては、食の彩発見で。

テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

タグ : 桜えび 由比 浜のかきあげや 由比漁港 沖あがり 由比どんぶり 由比桜えび通り 桜海老かき揚げ

富士宮やきそば|静岡県富士宮

富士宮やきそばは、静岡県富士宮市に昔からあったご当地グルメを、町おこしを目的としてPRする事に成功し、平成18年にスタートした全国B級ご当地グルメの祭典である「B-1グランプリ」においては、初代と第2回とでグランプリを取っています。ご当地グルメの王者であり、ご当地グルメの火付け役として有名です。一番成功しているご当地グルメと言えるかもしれません。

富士宮やきそばというのは、主な特徴として、まず何といっても麺のコシの強さから来る独特の食感、肉かすの使用、最後の仕上げにイワシやサバの削り節などのだし粉をふりかけるといったことが挙げられます。

北海道から行くと富士宮は遠いのですが、ご当地グルメ歩きが趣味の私としては、前々から行ってみたかった場所であり、やっと今回念願を果たす事ができました。


富士宮やきそば学会直営アンテナショップ外観

行ってきたお店は、一軒目は、富士宮やきそば学会直営のアンテナショップです。浅間大社の向かいの、お宮横丁の入口にあります。お持ち帰りもできて、フードコートにあるような雰囲気のお店なので気軽に入れます。しかも安いです。テイクアウトも可能なので、持ち帰り用のパックに入れてもらいました。


アンテナショップの富士宮やきそば

学会直営店というだけあって、具はキャベツ・ネギ・肉かすなどシンプルで、それにだし粉がふりかけてあります。まず基本という感じの仕上がりで、富士宮やきそば最大の特徴である、麺の弾力がよくわかります。

次に行ったお店は、鉄板焼ちゃんというお店です。鉄板焼きというだけあって、お好み焼き、もんじゃ焼きなどを扱っている居酒屋風のお店でした。このお店に入った時に、焼きそばも自分で鉄板焼きの上で作るのかな・・・うまく作れるのかなと不安でしたが、焼きそばは、調理された状態で出てきました。


鉄板焼ちゃんの店内

鉄板焼ちゃんの富士宮やきそば

ミックス焼きそばをいただいたのですが、キャベツ、もやし、イカ、エビ、肉かすなどが入っていて、甘めの味でこれもまた麺に弾力があり、つるっとした独特の麺、最後に掛けるだし粉の香りが口の中で広がって、とてもおいしかったです。


鉄板焼ちゃんの大根サラダ
鉄板焼ちゃんの大根サラダ

鉄板焼ちゃんのホタテ鉄板焼き
ホタテ鉄板焼き

鉄板焼ちゃんの朝霧高原豚のしょうが焼き
朝霧高原ヨーグルト豚のしょうが焼き

鉄板焼ちゃんの朝霧高原豚のしょうが焼き
朝霧高原ヨーグルト豚のしょうが焼き-調理後

その他のご当地グルメに関しては、食の彩発見で。

テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

タグ : 富士宮やきそば ご当地グルメ 富士宮やきそば学会直営アンテナショップ 鉄板焼きちゃん B-1グランプリ

桜海老とじゃこの海物語・炙り金目鯛と小鯵押寿司(駅弁)|静岡県熱海

熱海は伊豆半島の付け根に位置し、地理的に伊豆のおいしいものが集まってくるために、伊豆を代表する駅弁がいろいろあるようです。そんな中から、今回の旅の中で食べた二つの駅弁を紹介したいと思います。どちらのお弁当とも、伊豆らしい素材を使用した、おすすめの駅弁です。


桜海老とじゃこの海物語のパッケージ

桜海老とじゃこの海物語

一つ目は、桜海老とじゃこの海物語という駅弁です。由比などで取れる桜海老、そしてじゃこをほどよい甘さに煮詰めたものが、醤油味のご飯の上にたっぷりと乗っています。桜海老の代表的な料理法の1つである、かき揚げも乗っています。これも素材の旨みが出ていました。


炙り金目鯛と小鯵押寿司のパッケージ

炙り金目鯛と小鯵押寿司

もう1つは、炙り金目鯛と小鯵押寿司です。金目鯛といえば、稲取を始めとする伊豆を代表的する魚で、鯵も沼津など、伊豆のどこでも食べられている魚です。金目鯛といえば、煮付けがとても美味しいです。高級魚で、なかなか食べる機会がありませんが、駅弁だと手軽に楽しめます。炙ってあるので臭みも少なく、酢飯によく合っていました。

その他のご当地グルメに関しては、食の彩発見で。

テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

タグ : 桜海老とじゃこの海物語 炙り金目鯛と小鯵の押寿司 熱海の駅弁 ご当地グルメ 駅弁

港あじ鮨(駅弁)|静岡県沼津

沼津の干物の生産量は全国の約半分を占め、日本一であるそうです。(ちなみに鯵の水揚は長崎県が一位で、沼津の干物にも長崎産は使われているようです。中にはオランダ産もあるようです。)そのため鯵になじみがあり、駅弁や沼津港の料理店などで、干物以外にもいろいろな料理で鯵が提供されています。

そこで、今回紹介するのは、沼津駅で販売されている「港あじ鮨」という、桃中軒の駅弁です。駅弁で鯵というと押寿司になりがちです。しかし沼津の鯵の駅弁は、普通の押寿司ではなく、太巻き・にぎり風・葉っぱに包まれためはり寿司のようなお寿司の3種類で構成されています。そしてなんと、本物の生わさびとおろし金も入っています。箱にはおしながきが書いてあり、以下のように書かれています。


港あじ鮨のパッケージ

港あじ鮨

おしながき
一、 にぎわい鰺鮨
清らかな天城の伏流水で育まれた天城山葵の茎を塩漬けにして鮨飯に混ぜ、さらに見た目にも鮮やかな山葵の葉で、お寿司を包みました。
一、 ぬまづ鰺鮨
沼津の海で育った新鮮な鰺を特性の酢でしめ、じっくりと昆布の旨みを染み込ませた本格江戸前の鰺鮨で、しその葉を帯状に巻いてあります。
一、 鰺わい太巻き
沼津で捕れた新鮮な鰺の切り身を、太巻きの芯にしました。ほんのりと海苔が香りお口の中いっぱいに海の香りが広がります。


港あじ鮨
奥の寿司はワサビの葉、手前の寿司はシソで巻いてあります。

箱には、鯵が沼津産で、わさびが伊豆天城山産と書かれていました。ついてくる生わさびは、小さいながらも全部おろすと、この駅弁だけでは使いきれない量です。添付されているおろし金で卸すと、生わさび特有のつんとしているけれども、とてもいい香りがしてきます。それを3種類の鮨につけて食べていると、もう駅弁という感じがしません。

その他のご当地グルメに関しては、食の彩発見で。

テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

タグ : 港あじ鮨 沼津 駅弁 ご当地グルメ 桃中軒

沼津とろりん|静岡県沼津

今回紹介するのは、前回の隣町である、沼津からの新ご当地グルメ「沼津とろりん」です。

沼津とろりんとは、駿河湾の特産品である「桜えび」「甘い風味」「とろ~り」この三つの要素を備えたあんかけが特徴で、由来は、沼津駅前の仲見世商店街の前身となった、戦後の闇市で愛されたという五目あんかけ麺。茶そばや丼ものなどに、あんを乗せて提供されるようです。

そこで、丼ものと麺ものを両方提供している、沼津の老舗である中華屋の萬来軒に行ってきました。


萬来軒の外観

萬来軒の店内

とろりん麺の方は、麺が細く、野菜の旨みと甘みがあり、味もさっぱりしていました。桜海老の風味も食欲をそそり、細麺好きの私にはとても美味しくいただけました。とろりん丼はそのあんがご飯の上に乗った、桜えび入り中華丼のような感じでした。


沼津とろりん麺
沼津とろりん麺

沼津とろりん丼
沼津とろりん丼-スープ付でした。

出来立てほやほやのご当地グルメらしいので、この商店街や沼津の町に定着するかは、商店街の頑張り次第なので、ぜひ盛り上げていって欲しいです。


その他のご当地グルメに関しては、食の彩発見で。

テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

タグ : 沼津とろりん 沼津仲見世 沼津 ご当地グルメ 萬来軒 とろりん麺 とろりん丼

甘藷みしまコロッケ|静岡県三島

昨日に引き続き、静岡県のご当地グルメを紹介したいと思います。今回は三島市。三島といえば、うなぎが有名な所なのですが、今回は食べることができませんでした。しかし最近は、うなぎに変わって、コロッケを三島のご当地グルメとして売り出そうとしているようです。

みしまコロッケとは、箱根西麓でとれた三島馬鈴薯(メークイン)で作ったコロッケです。馬鈴薯は箱根西麓のメークインを100%使用するとの決まりがあるようで、男爵・きたあかりは使用不可で、仕入先まで確認しているようです。コロッケというと、メークインより男爵の方が向いているというのが一般的な認識ですので、みしまコロッケとは、どんなコロッケなのかと、今回食べようと思ったのですが、売っていませんでした。


甘藷みしまコロッケ

その代わりに見つけたのが、甘藷みしまコロッケというものです。三島甘藷(紅あずま)という芋が使われているようです。どうやら先月(11月)は三島馬鈴薯(メークイン)のオフシーズンだったようで、みしまコロッケのオフシーズンを預かるために登場したようです。


甘藷みしまコロッケ

甘藷・・・つまりサツマイモをコロッケにしているので、食べてみるとほんのり甘くて、かぼちゃコロッケに似たような感じのコロッケでした。今回は沼津駅の駅弁屋さんで購入したのですが、具や形は特に決まりがないので、お店によって味がいろいろ違うようです。揚げたても食べてみたかったです!


甘藷みしまコロッケを割った所

その他のご当地グルメに関しては、食の彩発見で。

テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

タグ : みしまコロッケ 甘藷みしまコロッケ 三島のご当地グルメ コロッケ 三島

すその水ギョーザ|静岡県裾野

先月(11月)に仕事の関係で1週間くらい静岡県に行ってきました。そのついでに静岡のご当地グルメを食べ歩いてきたので、今回からしばらく静岡のご当地グルメを紹介したいと思います。

裾野市は静岡県東部に位置していて、知名度はあまり高くありません。裾野市の知名度アップを目的に作られたものが、すその水ギョーザです。なぜ餃子かというと、ギョーザ取扱店が人口比で一番多いらしいのです。宇都宮や浜松を抜いているとは意外なのですが。

そして、この餃子の特徴は何といっても緑色をしていること、静岡なのでお茶なのか・・・?と思っていると、これは、モロヘイヤらしいです。モロヘイヤは、ビタミン、ミネラル豊富で健康に良く、稲作の転作物として、昔から裾野市民には馴染みがあるそうです。


すその水ギョーザのマスコットとのぼり

今回は、246号線沿いにある「和風レストランみよし」というところに行ってきました。すその水ギョーザが食べられるお店は幾つかあるようでしたが、このお店を選んだポイントは、和風、チゲ風、カレー味と多様な味の、すその水ギョーザが楽しめることです。このお店は、交通量の多い国道沿いにあり、かなり広いお店でした。


レストランみよしの外観

レストランみよしの店内

レストランみよしの店内

レストランみよしの店内の池の鯉

このとき食べたのは、和風とカレー味でした。和風は、きのこや葛きりが入った和風の鍋に餃子を入れた、餃子鍋という感じのものです。カレー味の方は、スープカレーと似たような感じのスープに、餃子を入れてあります。どちらも石焼き鍋で、ぐつぐつと煮えた熱々の状態で出てきました。どちらも旨みのあるスープに、もちもちとした皮の餃子が入っていて、おいしくてペロッと食べてしまいました。


すその水ギョーザの和風味

すその水ギョーザのカレー味

このみよしというレストランは、和風レストランなのですが、ステーキやハンバーグ、とんかつ、そば、和膳、海鮮や居酒屋メニューみたいなものまであり、メニューがとても豊富でした。水餃子の他に、幾つか注文した料理はどれもおいしかったですが、特に麦豚の石焼きごはんがとてもおいしかったです。


鶏肉のしそチーズフライ

ねぎとろと山芋の湯葉巻き

麦豚の石焼きごはん

その他のご当地グルメに関しては、食の彩発見で。

テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

タグ : すその水ギョーザ 裾野 ご当地グルメ ご当地餃子 和風レストランみよし 静岡県のご当地グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。