スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かもめの玉子|岩手県大船渡

昨日まで北上線のことを書いていましたが、北上線の車両には大船渡線のステッカーが張ってあったという繋がりから、今回はかもめの玉子の紹介です。かもめの玉子は、大船渡市にある「さいとう製菓」で作られていて、大船渡市はもちろん、三陸地域そして岩手県を代表する銘菓です。

岩手県のお土産の定番で、岩手県内の大きな駅や土産物屋さん、コンビニなど、県内の至る所で見かけました。かもめの玉子は、食品の国際コンクールであるモンドセレクションで、3年連続金メダルを受賞したり、国内の全国菓子大博覧会でも賞を取るなど、高く評価されているお菓子のようです。


ミニかもめの玉子の外箱

かもめの玉子という名前だけあって、玉子を見立てて作られていて、玉子の中身は「大手亡豆」「砂糖(白ザラメ)」などで作る、黄身の色をした餡が入っています。その餡を薄いカステラ生地で包んで焼き上げ、まわりをホワイトチョコレートで包みあげたお菓子です。


ミニかもめの玉子と切り口
ミニかもめの玉子-1個の大きさが普通より小さいですが、味は同じです。

中のパンフレットには、とりたての卵黄にこだわっているとの一文が書いてあるのですが、そのせいか黄身の味も強く、甘みも強すぎないので、絶品です。ほくほくの餡なのでお芋や栗のお菓子が好きな方にも、もってこいのお菓子です。


ミニかもめの玉子

その他のご当地グルメに関しては、食の彩発見で。

スポンサーサイト

テーマ : お菓子 - ジャンル : グルメ

タグ : かもめの玉子 ミニかもめの玉子 岩手県の土産 さいとう製菓 大船渡

北上線|ほっとゆだ駅-北上駅

ほっとゆだ駅を過ぎると、錦秋湖が広がっています。この湖は、ダム湖つまり人造湖で、車窓から見える風景は、森が海に沈んだ感じがして、いかにもダム湖という感じですが、車窓からは、とても美しい湖面を眺めることが出来ます。この付近の路線は、ダムができるために路線変更したようです。


錦秋湖

錦秋湖
まるで、森が沈んだ感じ……

錦秋湖と赤い橋
赤い橋が湖面に映えて、とてもきれいです。

ゆだ錦秋湖駅の駅票

錦秋湖が終わると、和賀川沿いに北上駅を目指します。和賀仙人駅では、上下の列車がこの駅で行き違いました。仙人とは不思議な駅名です。


和賀仙人駅

和賀仙人駅
山の中にある和賀仙人駅

藤根駅と学生たち
途中の駅で降りる学生(藤根駅)

北上線と東北本線との合流地点

東北本線と合流したら、すぐ北上駅の0番線につきます。ほっとゆだ駅から乗車した、かなりの数の学生さんたちが、北上駅まで乗車していました。かなり遠い所まで通っているな~と感じてしまいます。


北上駅0番線と学生たち

北上駅の駅票

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 北上線 錦秋湖 ゆだ錦秋湖駅 和賀仙人駅 北上駅 藤根駅 鉄道

北上線|横手駅-ほっとゆだ駅

横手駅を出ると、横手の町の住宅街が続きますが、次第に緑の木が生えている畑が広がってきます。何かなと思ってみていると・・・。


横手の町

横手

横手のブドウ畑

車窓をよく見ていると、ぶどう園の文字が。そう、ここはブドウ畑なのです。このブドウ畑が水田以上に目立っていました。北上線と平行に走る国道107線では、ブドウ畑が多いようで、観光ぶどう園もあるようです。

帰ってから調べましたが、横手市付近は県内でも有数のぶどうの産地のようです。巨峰、キャンベル、スチューベン、ポートランド、ナイヤガラなど種類もいろいろ。夏暑く冬寒く、また成熟期の昼夜の寒暖の差が大きい自然環境が、ぶどうの甘さや香りを育み、美味しいぶどうができるようです。


横手のブドウ畑

横手のブドウ畑

横手の水田

ぶどう畑や水田を通り山を登ってゆくと、いつの間にか岩手県に入っています。北上線のちょうど真ん中にある「ほっとゆだ」駅は、昔は陸中川尻という駅名でしたが駅名を変更し、温泉ということをアピールしています。この駅には、駅舎の中に温泉施設があり、浴場には乗り遅れないように、列車の時間が分かる信号機があるようです。

ほっとゆだには、高校でもあるようで、高校生が大勢乗ってきました。


ほっとゆだ駅
ほっとゆだ駅

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 北上線 横手 ほっとゆだ ブドウ畑 鉄道

北上線|横手駅

北上線は、岩手県の北上市と、秋田第2の都市・横手を結ぶ路線です。61.1km・17駅あり、東北横断路線の一つとなっていて、典型的な非電化のローカル線で、温泉があることでも有名です。

仙台から秋田への鉄路の最短距離(所要時間ではなく、距離)であり、貨物も夜間に走っていたりします。また、昔は仙台から秋田まで行く列車が走っていたり、田沢湖線が廃止されて秋田新幹線が出来るまでは、秋田新幹線リレー号という特急列車が走っていた時期もあったようです。

温泉のあるほっとゆだ駅や、ダム湖である錦秋湖を目玉としたトロッコを走らせる事で、観光客も呼び込もうと図っていますが、通常は通学客などがほとんどで、いわば学生向けの路線となっています。

この路線を、焼きそばとかまくらの町横手から、温泉地湯田を越えて、和賀川沿いに北上に至る行程で乗車しました。


横手を代表するかまくら
横手を代表するかまくら(市役所前の、かまくら館にあるかまくら)

B級グルメの横手やきそば
B級グルメの横手やきそば!

横手駅は、かつて奥羽本線の中核駅でしたが、山形新幹線・秋田新幹線開業が相次いで開通したために、秋田へのメインルートとしての位置づけを失った路線です。秋田県第二の都市といっても特急が走らなくなり、幹線ルートから外されてしまいました。かつては特急列車も発着していたため、施設は立派です。


横手駅前
駅前はタクシーも停まっていて大きな町なのですが、ちょっと寂れているかな!?

横手駅前

横手駅の改札
もちろん有人駅で、人も多く乗降します。

この横手駅の1番線から北上線は始まります。車両は共用なのか、大船渡線の愛称「ドラゴンレール」のステッカーの車両で運行されていました。


ホームにあった、北上線終点駅としての目印
ホームには北上線の終点駅としての目印もありました。絵はかまくら。

キハ100系と呼ばれる車両
キハ100系と呼ばれる車両

北上線の車内
セミクロスシートでした。

ドラゴンレールのステッカー
ドラゴンのかわいい絵が!!

横手やきそばなどのご当地グルメについて、さらに見たい方は、食の彩発見で。

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 北上線 横手駅 横手やきそば ご当地グルメ 横手 東北 ドラゴンレール かまくら

もんじゃ|東京都月島

中央区月島の月島西仲商店街は、通称「もんじゃストリート」と呼ばれていて、何十軒ものもんじゃ店が並んでいます。お好み焼きと鉄板焼きを併せて提供しているお店が多く、下町の駄菓子屋さんで子供に安く提供するという雰囲気は、微塵も感じられません。値段設定も高く、具によってはもんじゃ焼きなのに1000円を超える物まであります。


もんじゃストリート

駄菓子屋さんではないので、観光客でも気軽に入ることができますが、お店自体も似たようなお店が多く、どこに入ったらいいか迷ってしまいます。商店街入口のインフォメーションには、もんじゃ焼きマップがあるので、最初に入手しておくとお店が選びやすいです。


月島もんじゃ振興会インフォメーション
月島もんじゃ振興会のインフォメーション

最近は修学旅行でも月島に来ることがあり、好きな所で食べていいようです。ちなみに、一般化している土手を作る製法は、単なる月島ルールで、駄菓子屋さんではそんな食べ方はしないらしいです。


おしお本店の外観

今回食べたお店は、おしお本店で、月島に3店舗あるお店です。鉄板焼きやお好み焼きもあるお店で、海鮮系のもんじゃ(うろ覚えですが、海スペシャル?)とお好み焼きを食べました。このお店には、中華風やイタリアン風のもんじゃもあり、豊富なメニューに感心させられました。ホタテやカキなどが入り、豪華なだけあって、ダシがよく効いていて、とてもおいしかったです。


おしお本店のもんじゃ-作る前

おしお本店のもんじゃ-土手を崩した所

おしお本店のもんじゃ-出来上がり

おしお本店のもんじゃ-出来上がりのアップ

その他のご当地グルメに関しては、食の彩発見で。

テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

タグ : もんじゃ焼き おしお本店 月島もんじゃ ご当地グルメ もんじゃ 月島

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。