スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もんじゃ|東京都月島

中央区月島の月島西仲商店街は、通称「もんじゃストリート」と呼ばれていて、何十軒ものもんじゃ店が並んでいます。お好み焼きと鉄板焼きを併せて提供しているお店が多く、下町の駄菓子屋さんで子供に安く提供するという雰囲気は、微塵も感じられません。値段設定も高く、具によってはもんじゃ焼きなのに1000円を超える物まであります。


もんじゃストリート

駄菓子屋さんではないので、観光客でも気軽に入ることができますが、お店自体も似たようなお店が多く、どこに入ったらいいか迷ってしまいます。商店街入口のインフォメーションには、もんじゃ焼きマップがあるので、最初に入手しておくとお店が選びやすいです。


月島もんじゃ振興会インフォメーション
月島もんじゃ振興会のインフォメーション

最近は修学旅行でも月島に来ることがあり、好きな所で食べていいようです。ちなみに、一般化している土手を作る製法は、単なる月島ルールで、駄菓子屋さんではそんな食べ方はしないらしいです。


おしお本店の外観

今回食べたお店は、おしお本店で、月島に3店舗あるお店です。鉄板焼きやお好み焼きもあるお店で、海鮮系のもんじゃ(うろ覚えですが、海スペシャル?)とお好み焼きを食べました。このお店には、中華風やイタリアン風のもんじゃもあり、豊富なメニューに感心させられました。ホタテやカキなどが入り、豪華なだけあって、ダシがよく効いていて、とてもおいしかったです。


おしお本店のもんじゃ-作る前

おしお本店のもんじゃ-土手を崩した所

おしお本店のもんじゃ-出来上がり

おしお本店のもんじゃ-出来上がりのアップ

その他のご当地グルメに関しては、食の彩発見で。

スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

タグ : もんじゃ焼き おしお本店 月島もんじゃ ご当地グルメ もんじゃ 月島

川崎コリアンタウン|神奈川県川崎

川崎のご当地グルメといえば、焼肉です。なぜかといえば、川崎区・幸区を中心に、多くのコリアン系住民が住んでいて、そこから来ているものらしいです。東京の大久保とまでは行きませんが、韓国料理店・焼肉屋さん・キムチ屋さん・お肉屋さんなどが点在します。また、在日朝鮮人系のハナ信用組合などもありました。特に川崎区の浜町・桜本・大島近辺が中心地で、浜町3丁目・4丁目の通称「セメント通り」には、コリアンタウンというゲートが建ち、PRしている感じです。


川崎コリアンタウン-セメント通り

しかし、鉄道がないため立地が悪く、産業道路に面しているのですが、場所も分かりづらいです。そして、大きな駐車場が無いためか、お昼過ぎに行ったのにもかかわらず、お客さんは少なかったです。近所の寂れた商店街といった風情でした。


川崎コリアンタウン-東天閣の外観

写真のお店は、東天閣さんです。セメント通りの中で、1~2番目に大きなお店でした。ここで食べたのは、焼肉ランチと冷麺ランチです。値段はごく普通の焼肉屋さんですが、ちょっと違った雰囲気で食べることができました。


川崎コリアンタウン-東天閣の焼肉ランチ

川崎コリアンタウン-東天閣の冷麺ランチ

その他のご当地グルメに関しては、食の彩発見で。

テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

タグ : 川崎コリアンタウン セメント通り 川崎区浜町 東天閣 焼肉

よこすか海軍カレー|神奈川県横須賀

神奈川県横須賀市は、昔から有名な海軍の軍事都市であり、よこすか海軍カレーを商標登録し、カレーで町おこしをしています。日本海軍横須賀鎮守府が海軍カレーを採用していたためで、当時の味を再現することをテーマに、海軍割烹術参考書の中にある「カレイライス」のレシピを元に調理しているようです。

夏の帰省の際に、横須賀海軍カレー本舗というお店で、海軍カレーを食べてみました。このお店は、よこすか海軍カレーという名前を聞いたことがあっても、「どこで食べられるの?」という声が多かったため、それに答える形で作られたお店との事で、いわばよこすか海軍カレーのオフィシャル店舗です。場所は、横須賀市の中心駅である、京急横須賀中央駅から歩いてすぐの場所でした。


横須賀海軍カレー本舗の外観

ビルの1Fがお土産やさん、2Fがレストランになっていました。1Fには、横須賀やカレーに関するいろいろなお土産が売られていました。カレー関連のお土産は、カレーの町横須賀で作られているものもあれば、全然違う地方で作られたものもあり、中にはカレーかすてら・カレーラムネなどの、少し変わったものもありました。また、よこすか海軍カレーには、かもめの「スカレー」というマスコットキャラクターがあり、そのグッズも売られていました。2Fのレストランは観光客が多かったです。


横須賀海軍カレー本舗2Fのレストラン

よこすか海軍カレーのキャラクターのスカレー

レストランのレジにあった、よこすか海軍カレーのキャラクターのスカレーの置物

海軍カレーは、日本の家庭料理として広まったご家庭のカレー(インドのカレーとは別物)のルーツらしいので、味も日本風な味で、とても食べやすいカレーでした。よこすか海軍カレーは、基本的にサラダ・牛乳付きで提供する決まりがあるそうですが、やはりカレーには牛乳がよくあいます。辛さをクリーミーさで和らげてくれます。焼きカレーは、かなり辛い上に、熱いので辛さが倍増といった感じでしたが、とろーり卵が和らげてくれて、とてもおいしかったです。


よこすか海軍カレー

よこすか海軍カレー

よこすか海軍カレー(焼きカレー)

その他のご当地グルメに関しては、食の彩発見で。

テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

タグ : よこすか海軍カレー 横須賀海軍カレー本舗 横須賀 ご当地グルメ 横須賀中央

崎陽軒|神奈川県横浜

前回、横浜中華街について書きましたが、横浜のご当地グルメという事で、他によく話題に上るといえば、何といっても崎陽軒です。崎陽軒は、シウマイ(崎陽軒では、シュウマイではなく、シウマイと表記します)や、シウマイ弁当などが、よく知られています。


崎陽軒のシウマイのパッケージ

崎陽軒のシウマイ

中華街にも崎陽軒のショップがあるので、元々中華街のシウマイ専門店と思う方も多いようですが、実は横浜駅(現桜木町)でサイダーや牛乳、餅などを売っていて、関東大震災後に横浜の名物を開発しようとしたものがシウマイです。そのため、横浜駅構内やホームなどで、駅弁のように売られていて、本店も横浜駅東口駅前にあります。ちなみに、横浜駅は東口が表玄関であり、昔は西口は裏口でした。そのために、横浜中央郵便局も東口にあります。(崎陽軒の隣)

崎陽軒では、現在月餅などの中華菓子・ラーメン・中華まん・シウマイカレーや牛角煮などのレトルトなど、様々な商品が扱われています。また、中華料理店はもちろん、イタリア料理などのレストランも経営しています。

真空パックのシウマイは手頃な価格であり、小さく持ち運びもしやすく、横浜から来ましたという印象も与えやすいので、お土産として重宝します。(ただし、味は真空パックでない方が断然おいしいです。)また、お勧めはお土産用の生ラーメンです。鶏がらであっさりしたストレート麺なのですが、これぞ中華ラーメンという感じがする一品です。


崎陽軒のラーメン

崎陽軒は、今年で100周年なので、100個もの様々な記念企画があるそうです。そのうちの1つである、100周年記念の黒豚シウマイを、夏に帰省した際に買ってみました。6~8月の限定販売だったようです。1つ1つが少し大きめで、椎茸やタケノコの食感や、肉の旨みが楽しめる、とてもおいしいもので、お肉屋さんなどの特製シュウマイや、中華料理店で注文して出てくるシュウマイを思わせるような感じでした。


崎陽軒100周年記念黒豚シウマイパッケージ

崎陽軒100周年記念黒豚シウマイ

その他のご当地グルメに関しては、食の彩発見で。

テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

タグ : 崎陽軒 シウマイ 横浜 ご当地グルメ 100周年記念の黒豚シウマイ

横浜中華街|神奈川県横浜

横浜の観光地というと、まず名前が挙がるのが中華街です。この横浜中華街は、100年以上も歴史があり、日本最大かつ東アジア最大の中華街であり、500店以上の店舗があるそうです。


横浜中華街善隣門
横浜中華街善隣門(正門-中華街で一番最初に出来た門)

中華料理店だけでなく日用雑貨店、衣料品店、食料品店などのお店もあります。いろいろな中華料理に使う食材や調味料、中華調理器具、チャイナドレス、アジアンテイストなアンティーク雑貨などはもちろん、中国雑技などを見る事ができたり、足つぼマッサージ、占いなどもあります。

関帝廟、横浜媽祖廟などの信仰を集める廟もあります。横浜媽祖廟はまだあまり知られていないのか人が少ないです。


関帝廟
関帝廟

横浜媽祖廟
横浜媽祖廟

ちなみに横浜が実家なので、どのお店がおいしいのか、違う地方の人からよく聞かれますが、横浜の人は、中華街にそんなに行くわけではありません。どこの観光地でもそうですが、近場の人はいつでも行けると思っているせいか、あまり行かないのと同じです。ただ、少し高めのお店は法事とか納会などの、ちょっと改まった時に使ったりする事はあります。

実家で中華街に行く時には、海鮮中華の店「醉楼別館」に行くことが多いです。お店がたくさんあるので、目移りするのですが、海鮮メニューが豊富で、味もいいので、やっぱりいつもの店にしようという感じになります。定番のメニューがある他に、その日の魚介を好きな調理法で食べることも出来ます。


蒸し牡蠣のブラックソース

甘酢あんかけ

その他のご当地グルメに関しては、食の彩発見で。

テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

タグ : 横浜中華街 ご当地グルメ 醉楼別館 横浜媽祖廟 関帝廟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。