スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロム鉄道(ノルウェー鉄道)|ミュルダル駅

フロムから1時間弱で終点ミュルダルに到着します。フロム鉄道は、勾配がすごいというより景色を楽しむ鉄道だと思いました。車両が大きいため、勾配もそれほど斜度があるとは感じませんでした。しかし、ゆっくりと美しい車窓が楽しめました。人気観光路線というのは頷けます。


ミュルダル駅は、オスロとベルゲンを結ぶベルゲン線からフロム鉄道に、乗り換えのために設けられた駅のようです。周りに大きな建物もなく大きな道もありません。観光バスも入ってこられないようです。しかし、シーズンになるとたくさんの観光客がこの駅で乗り降りし、フロム鉄道を利用するようです。僕の訪れたときも、乗り換えの観光客がたくさんいました。


フィヨルド
フィヨルド
フロム側
ベルゲン側
ミュルダル駅

僕たちは、このミュルダルから、ノルウェー第二の都市ベルゲンを目指します。ほとんどの客さんがフロム鉄道からベルゲン線に乗り換えます。中国か韓国と思われるアジア系の観光客がたくさんいましたが、日本人は、ほとんどいませんでした。
ベルゲン急行
ベルゲン急行に乗り込む乗客

ベルゲン急行
スポンサーサイト

テーマ : 北欧 - ジャンル : 海外情報

タグ : フロム鉄道 フィヨルド ミュルダル 北欧 ノルウェー ベルゲン急行 ベルゲン線

フロム鉄道(ノルウェー鉄道)|フロム-ミュルダル間

フロム鉄道の車内の雰囲気は木目の豪華な造りです。しかしなぜか椅子は折りたたみ式です。どうしてそうなっているかは分かりませんでしたが、どっかのコンサート会場みたいな椅子です。また、通路を境に2人掛けと3人掛けに分かれているので、新幹線の椅子のような感じもします。
9月末に行ったので、シーズンオフだったようで、お客さんは少なく自由に客車内を見て写真を撮ることが出来ました。


フロム鉄道の車両
フロム鉄道の車両

フロム鉄道の車内
フロム鉄道の車内

フロム鉄道は、川底まで見える澄んだフロム川に沿って走ります。僕の訪れた日は、あいにく雨が降り霧がかかっていたのですが、岩肌に霧がかかり幻想的な雰囲気で美しかったです。
岩肌が向き出た谷の景色と放牧地や農耕地、建物などが車窓から見えます。スターブ教会と呼ばれるノルウェー独特の建物も見えるのですが、静かな谷に落ち着いた佇まいをみせて風情がありました。


フロム川
フロム川

スターブ教会
スターブ教会

霧がかかるフロム川
霧がかかるフロム川
霧がかかるフロム川

ショースの滝

ショースの滝

この沿線の最大の観光ポイントはこのショースの滝です。この滝を見るために列車は停車します。


フロム鉄道から見える岩肌
フロム鉄道から見える岩肌

テーマ : 北欧 - ジャンル : 海外情報

タグ : フロム鉄道 フロム駅 フィヨルド ミュルダル 北欧 スターブ教会 ノルウェー

フロム鉄道(ノルウェー鉄道)|フロム駅

前回まで、日本一の急勾配の大井川鐵道のことを書いていましたので、今回は自称「通常の軌道を走る鉄道の中で世界一の急勾配」というフロム鉄道を紹介したいと思います。自称と表現したのは、実際には、ここ以上の急勾配はたくさんあるので、通常の軌道を走る鉄道というものの定義があいまいだからです。ちなみに大井川鐵道のような特殊なレールを使う鉄道を除いても、箱根登山鉄道の方がフロム鉄道より勾配がきついようです。何年か前にそのフロム鉄道に乗車してきたのでその紹介です。


フィヨルド
フィヨルド
フィヨルド
フィヨルド

フロム鉄道は、ノルウェーのフィヨルドクルーズの起点となっているフロム駅とミュルダル駅を結ぶ鉄道で20kmほどしかありません。現在は、ほぼ観光用の路線であり、フィヨルドクルーズとセットになったツアーも多く出ています。この行程を約一時間かけてゆっくりと走ります。フィヨルドとは、氷河によって削られた湾や入り江のことで、フロム駅はそういった地形の中にあります。フィヨルドの湾の中にある水はとても静かでまるで池や湖にいるのかと錯覚してしまいます。そのフィヨルドの湾に面した小さな港町から出発して、フロム川の深い谷に沿って、登って行きます。岩の間を澄んだ水が流れる渓谷のような川、岩肌の斜面から滑り落ちる滝、急な斜面のわずかな土地を利用した放牧地や農耕地、北欧の教会などの建物が楽しめます。


ちなみに日本の山岳観光鉄道と比べると、急勾配を売りにしている割には鉄道として考えるとあまり面白みがない路線です。景色のいいループ線もなく、スイッチバックもなく、トロッコ車両でもなく、客車も豪華すぎるので、野性味にもかけます。


マスのグリル
マスのグリル

マスのグリルをフロム駅の近くのレストランで頂きました。フロム川では、鮭やマスが取れるようで、有名な釣り場らしいです。マスをただ焼いたものなので塩をかけて食べると日本で食べる川魚の塩焼きと変わりません。北欧に行くと、口に合わない料理が多いので、こういうシンプルな料理がご馳走に感じます。


船着場から見たフロム駅
船着場から見たフロム駅

赤い建物がフロム駅の駅舎です。駅を降りてすぐに船に乗れる立地にあります。フィヨルドクルーズはもちろんフロム鉄道も人気が高いため多くの観光客で賑わっています。年間50万人以上もの人が訪れるノルウェー有数の観光スポットになっています。


フロム駅
フロム駅

テーマ : 北欧 - ジャンル : 海外情報

タグ : フロム鉄道 フロム駅 フィヨルド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。